2010年5月12日水曜日

Joomla 多言語のインストールのメモ

メモメモ。


Joomla 1.15をインストール

  • 日本語版Joomlaをダウンロード→解凍して、Apacheのドキュメントルートにコピー。
  • 前もってJoomla用のDBを切っておく。
  • おもむろにJoomlaのフォルダーにアクセス(http://localhost/joomlaとか)。
  • するとインストールプロセスが自動的に開始される。
  • ほぼ「Yes」ばかり押してておくとインストール完了。


多言語化(Joom!Fish2.0.4インストール)

  • Joom!Fishをダウンロード。ZIPファイルのままでOK。
    ついでにJoomFishJapaneseLanguage_2.0.3.zipもダウンロード。
  • 管理者メニューのエクステンション→インストール/アンインストールをクリック。
    パッケージファイルのアップロードで、Joom!Fishのジップファイルを参照してから「アップロードファイル&インストール」ボタンを押す。で、インストール完了。ちょっと感動した。
    同じくJoomFishJapaneseLanguage_2.0.3もインストール。これでJoom!Fishメニューも日本語になった。
  • 管理者メニューのコンポーネント→Joom!Fish→言語をクリック。
    日本語(Japanese(JP))の「能動されてます」にチェックを入れて、
    上にある「保存」ボタンをクリック。「能動」って(有効のことだよね)。
  • これで日本語と英語の多言語化が完了。

まずは日本語のコンテンツを作成
  • 管理者メニューのコンテンツ→記事管理をクリック。
  • 上にある「新規」ボタンを押して、記事の新規登録を始める。
    多分、日本語ページ(つまりデフォルト言語)で最初に登録が必須と思われる。
  • 最初はフロントページ(ウェブサイトの最初に表示されるページ)を作成。
    タイトル、エイリアス、セクション、本文、を入力。
    タイトルには「トップページ」と入力したとする。
  • 「フロントページ」のラジオボタンがあるので「はい」を選択する。これで、ウェブサイトのフロントページになる、っぽい。複数のページをフロントページに選択できるのは謎。(コンテンツメニューにフロントページ管理に出現する)。
    最後に「保存」ボタンで記事の作成完了。これで日本語の記事が作成される。
  • サイトにアクセスして、記事が表示されること&日本と英語の言語選択が上に表示されることを確認。

次に記事翻訳して作成
  • 次は英語コンテンツの作成。
    管理者メニューのコンテンツ→記事管理をクリック。
    すると、作成した記事の一覧が表示される。
  • 「トップページ」のチェックボックスにチェックを入れて、
    上部にある「Translate To:」でEnglishを選択
    すると「Joom!Fish::通訳」という別ウィンドウが開く
    これは翻訳の間違いですな。
  • 元記事のデータとともに翻訳する箇所が表示されるので、
    ラベル、アライアス、本文、を入力して「保存」ボタンを押す。
    これで多言語コンテンツの作成が完了。
  • サイトにアクセスして、英語を選択すると英語版が表示されるはず。

結構簡単に複数言語のページを作成できる。
選択した言語(たとえば英語)のページがない場合は、デフォルトの言語から表示されるのはGood。また「There are no translations available.」と表示されて、選択された言語でないことが分かる。
思ったのは、どのページが翻訳済みか管理者画面から確認しにくい。言語が二つぐらいならいいが、4つとか増えたら管理できない気がする。
【追記:記事やメニューの翻訳一覧機能を見つけました。素晴らしい(2010/05/13)】

ひとまず、こんなところで。

1 件のコメント:

arif さんのコメント...

Very interesting read. I have a lot of work and learning to do. Thanks!
Joomla Developer